カテゴリ:土地取得( 3 )

土地をさがす 3

振り出しに戻った土地探し。
いつになったら家が建てれるのか、そんなことばかり考えていたような気がします。
ましゃを連れて近所のお散歩しながら空き地を探し、車で出かければやっぱり空き地を探し、この頃ましゃは
「早くママの土地が見つかるといいね~」とまで言ってくれるようになりました。

そんな中きゅんを妊娠し、ましゃも元気に幼稚園に通っているある日、いつもは通らない道を通っている時、偶然みつけたのが今の土地です。
結構広い土地に桃の木が3本だけしかなく(なんだかその木々も元気そうな、若そうな木でした)その土地の端に小さく「売地」の看板とそれにその土地の持ち主と思われる方の苗字と電話番号がかいてありました。

「なんかよさそうな土地だな~」

というのが第一印象。ただ、同じ市内だけどちょっと主人の仕事場から遠いかな~と思いました。
あとで測ってみたら今のアパートより近くでした。

主人の両親や周りに住む知り合いに色々聞いてみても、特に問題はなく、主人の両親と持ち主の方は面識もあるということでした。
「この土地っていいんじゃない?」
と何となく周りも思い始めたとき、突然この小さな看板が消えました。

慌てて持ち主(Iさん)宅に連絡すると、看板を出して何日たっても買いたいという電話が来ないから、知り合いの不動産屋に話を持っていったとのことでした。
その不動産屋は以前から土地のことで度々相談していたところだったので、急いで電話すると
「今朝、その土地を買いたい人が来て、その人が明日返事をくれることになっているから残念だけど・・・」
ということでした。

結局一足違いでその違う方が購入することになりました。
それが一昨年の6月。

きゅん出産前に土地だけでも手に入れたかった私は本当に落ち込み・・・
そんな私を見ていた母は
「今は土地を手に入れることより、お腹の子を無事産むことだけ考えなさい」
と慰めてくれました。
実際母は、出産後に土地が手に入ればいいなあと本心で思っていたらしいです。

そして、9月中旬予定日のきゅんは8月下旬に生まれ、私とましゃときゅんは実家でお世話になっていました。

9月中旬頃、突然不動産屋から連絡がありました。
土地を購入しようとした人が銀行の融資を受けられなくなってしまったので、あの土地買っていただけませんかと。
そして、もともと気に入った土地でしたから、すぐに購入することにしました。

結局私達は11月いっぱいまで実家でお世話になったので、小さい子がいてもHMや工務店さんと間取りの打ち合わせもじっりできました。それもラッキーでした。





あの時、ましゃがとなりのHMの建物にはいらなければ・・・
以前の北向きの土地を買っていたはずです。

今度も、きゅんが予定日どおり生まれていたら、土地購入どころではなかったかも。
1ケ月近く早く生まれてくれたから、少しは落ち着いた気持ちで手に入れれたのかもね。

そう考えると、この土地って子供達2人が私にプレゼントしてくれたみたい(オーバーですけど)、
しかも2人で選んでくれた土地・・・なんか運命を感じました。


ここにくるまで色々あったけど、結果よければすべてよしと思えるのは、こういういくつもの偶然が重なって手に入れれた土地だから、これからもこの土地で家族の歴史を刻んでいけると確信しています。
[PR]

by jun-sweet | 2010-01-29 15:52 | 土地取得

土地をさがす 2

そんな訳で計画はどんどん進むし、自分としてはなんか納得できない毎日、意を決して義母に気持ちを打ち明けました。きっと怒られるだろうな~と思っていたのですが、義母はきちんと私の話を聞いてくれました。

そして、仕事場は段取りもしてしまったので今この機会に新しくしたい、でもあなたの気持ちが不完全なまま事をすすめるのもよくないと思うから、住居の問題と仕事場のことは切り離して考えましょうと言われました。

そして、そこから土地探しが始まりました。

なかなか物件が出ない中でも最初に気に入った土地は、図書館、文化会館の近くの閑静な住宅地。100坪で南北に長く北向きの土地でした。そこは以前鉄工場があった場所で(200坪)半分ずつ分譲していました。
両親は北向きというのがあまり気に入らないようでしたが、あなな達がいいならと賛成してくれました。

そして、契約も3日後という時に、ましゃと両親とプランをお願いしているHMに出かけた時のことです。
まったくノーマークだったとなりのHMに何故かましゃが突然入ってしまったのです。
全然好みの建物じゃないし、すぐ出ようと思ったのに、ましゃ中々出てくれません。結局一人の営業さんとし暫く話をする中で、私も何故か今土地を探していると言っていました。
その営業さんは、土地情報すぐ取り寄せて届けますということで、やっとその場から離れました。

その夜、その営業さんが持ってきた土地情報に私達が契約しようとしている土地がありました。
しかも、坪単価が契約予定より2万円も安かったのです。

不動産屋さんに聞いても、その情報は間違いで、こちらのほうが正しい。売主はこの金額以下では売らないと言っているのだからそんな金額で売れるわけがないと。実際売主さんとも会って話しをしましたが、不動産屋さんと同じ台詞です。

あ~そうなんだと納得すればそのまま土地は手に入ったかもしれないけれど、なんかそこで納得するのっておかしい・・・。
どっちが本当でどっちがうそか確認したところで、200万円安いかもしれない土地を買おうという気持ちにはなれませんでした。

きっとその土地に縁は無かったんだとあきらめました。
[PR]

by jun-sweet | 2010-01-13 02:30 | 土地取得

土地を探す 1

私達が土地を探し始めたのは、2年くらい前からでした。
最初は主人の仕事先を改築しつつ(1F)、その上(2,3F)に住まいをつくり、仕事場兼住居の形にする予定でした。
主人は主人の父親と仕事をしていますので、仕事場の改築(結局は取り壊して新築)は主人と主人の両親で話し合い、住居部分は私達が決めることになっていました。
私は家を作るなら自分の思い通りに造りたいし、兎に角最初は住宅展示場に行ったり色々な家を見たりしてから建築業者も決めたいと思っていました。

一方義両親は・・・それより遡る事5年前に自分達の家を新築。住宅展示場も見たり色々調べたりして家づくりをしたそうです。それで、きっと一通りやりつくした感があったんでしょうね。
建築業者も知り合いの紹介のところ、間取りもお任せ。。みたいな感じで私とはかなりの温度差を感じていました。

そもそも、その建築業者(HM)は軽量鉄骨で造るところ。当時の私は「家つくるなら2×4じゃなきゃ!」みたいな呪縛?もあったりで中々上手くいきません。
私個人の感想としては、軽量鉄骨、鉄骨ともいまいち間取りの自由度にかけるような気がします。本当に個人的感想ですけど。

HMはベルトコンベアー式に話が進んでしまうので、どうもイマイチ自分の一生の家を造っているというかんじもしなかったのです。

あ、きゅんが起きてしまいました。
次回に続きます。
[PR]

by jun-sweet | 2010-01-06 16:51 | 土地取得